SDGsへの取り組みApproach for the SDGs

sdgs_goals

SDGsとは?About SDGs

持続可能な社会のための目標

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

参考リンク: Japan SDGs Action Platform / 外務省

ぐろーあっぷとSDGsWith Us

私たち合同会社ぐろーあっぷはSDGsの考えに賛同し、
SDGsにおける17のゴールのうち特に2つの目標に貢献します。

  • sdg_icon_03
  • sdg_icon_08
sdgs_img01

障がいや難病を抱える方が、社会の隅に追いやられないために

ぐろーあっぷは、障がいや難病を抱える方に適切な支援と働く場を提供するだけではなく、ぐろーあっぷを通して、社会の中で生きていくための力を育んでいただくことを、最大の目的としています。ご利用者さまには、弊社が運営するWEBショップの商品にかかわる仕事を主にお願いしています。梱包やラベリングなどの簡単な作業だけではなく、ご利用者のスキルや希望、将来の目的によっては、商品のネーミングや価格設定、PR方法、マーケティングなど、WEBショップ運営の根幹にかかわる業務をお願いしており、将来のためにステップアップしていける就労環境を作っています。障がいや難病のある・なしに関わらず、だれもが経済的に自立し、自信を持って生きていける社会をつくるために、私たちは就労支援を行っています。

  • sdg_icon_03
  • sdg_icon_08
sdgs_img02

新型コロナウイルスによって、
ご利用者さまの社会との繋がりが絶たれてしまわぬように

ぐろーあっぷでは、従業員とご利用者さまの健康を守るために、入室時の消毒、体温チェック、ソーシャルディスタンスの遵守などの新型コロナウイルス対策を行っています。SDGsは「誰一人取り残さない」ということを誓っています。ぐろーあっぷは、「ただ働くだけの場所」ではなく、ご利用者さまの社会参加の場としても機能しています。コロナウイルスによって、障がいや難病を抱える方が取り残され、ぐろーあっぷを通じた社会との繋がりが絶たれてしまわぬように、感染対策を徹底的に行っています。コロナ禍においても、ご利用者さまが安心して働ける場を届けることが、私たちの大切な役割のひとつだと考えています。

  • sdg_icon_03
  • sdg_icon_08
sdgs_img03

「健康経営優良法人」に認定されました

経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2021」に認定されました。
この制度は、従業員の健康管理を、経営的な視点で実施する「健康経営」を行う企業を認定するものです。 ぐろーあっぷでは、リモートワークを取り入れた就業環境の見直しや、従業員の健康維持のためさまざまな取り組みを実施しております。

  • sdg_icon_03
  • sdg_icon_08
sdgs_img04

「健康宣言」を行いました

ぐろーあっぷは、従業員および利用者とその家族の健康を守る「健康宣言」を行っています。
この宣言は全国保険協会のもとで行われており、健康経営を企業理念の中に位置づけ、 企業として健康づくりを促進する各種取り組みを積極的に考え、実施することを誓っています。

  • sdg_icon_03
  • sdg_icon_08